<< クロスステッチ アップデート フォンダンで鶴 >>

sayonara & H 40th B cake

昨晩の夜に行われた、インド出身の皆様のパーティー用に、ケーキのオーダーを友人からいただいた。
友人カップルが日本を離れるとのことで、ケーキには、富士山、鶴、提灯、sayonara、happy 40th birthday、All the best のメッセージ、そしてお2人のお名前を入れてほしいとのご要望。
ちなみにケーキは30名分。

デザインのイメージがなかなかわかず、今回はかなり悪戦苦闘した。
とにかく、日本に住む、外国人が持つ日本のイメージを凝縮した感じのケーキが欲しいんだろうな、と思い、とりあえず、リクエストにあった鶴や、提灯を作り始め、あとは、飾りように、和っぽい色の小花を作っておいた。
e0309971_21424618.jpg

こちらはサクラソウ。
e0309971_23141143.jpg

こんなに絞ったけど、使ったのは2つのみ。それに小さな花びらを絞った事なんて、デコする時にはすっかり忘れてました。

納品前日にスポンジケーキと、富士山用に15cmのシフォンケーキを焼く。
こちらはシフォンケーキ。
e0309971_21533071.jpg

ケーキは長方形とのリクエストがあったがそんなに大きな長方形のケーキ型が家には無い。
とりあえず、近くの、製菓材料店を3カ所あたったが、正方形はあっても長方形はなかった。
ので、とりあえず、家にある深さの無い長方形のオーブントレーを工夫して、ケーキが焼けるように作ってみた。
こんな感じ。
e0309971_21475551.jpg


ベーキングペーパーの間にアルミホイルを入れ、深さを出してみた。
ただ、以前にこのようにスポンジを焼いた事が無かったので、焼き上がるまで、心臓ばくばく。
もちろん、失敗した時のバックアップに、この薄い天板で3枚ロールケーキ生地を焼く材料はスタンバイしておいた。

が、じゃじゃ〜ん! 無事にきれい焼けた〜!
e0309971_21521028.jpg

次の作業は、当日の昨日の日中に。

金曜日、子供達を学校へドロップして、ミーティングに参加し、その後、大急ぎで帰宅して、昨晩の続きを始めた。
仕上げは、私の一番好きな作業で楽しみなのだが、今回は、デザインがぼや〜っとしか、決まってなかったので、いまいち気分は曇り気味でした。
とりあえず、スポンジケーキを半分に切り、シロップをうって、そのあと、ラズベリージャムを全体に塗りました。
e0309971_21584632.jpg


次に、クリームアイシングで土手を作り、中に、チョコ生クリーム(めちゃ美味しい!)を注ぎこみます。
e0309971_2201888.jpg


その後はもう一枚のスポンジをのせてサンドにしますが、いちいちスポンジを移動させるのが、えらい大変!! 普段使わない脳をフル回転させてました。

ところで、今回カバリングに使用するクリームはクリームアイシングにする事に。
自分ち用には、全体のカバリングには使用しないクリームですが、アイシングや飾りように作った鶴
や提灯、シュガーフラワーなどが、普通の生クリームだと溶けてしまうので、それを防ぐ為にクリームアイシングに。
うちの子供の誕生日ケーキなどには、生クリームを使用し、なるべく飾りはケーキを出す直前に付けるので、溶ける前にはお腹の中、といった感じなのですが、人様のパーティー使用となると、そういう訳にもいきません。
そして、このクリームアイシング、家で作るのは2年ぶりくらいで、全く感覚がつかめません。
結局、滑らかなクリームアイシングが作れず、もう一度はじめから作り直したのですが、これまた同じようなクリームが出来てしまい、仕方なく、それを使用する事に。
なので、表面のナッぺがとんでもない出来になってしまいました。

シフォンケーキを切り落とし、富士山の形に見立てたつもりが、いざ、クリームを塗ったら、地球儀のようになってしまった。。。
でも、作り直す時間はないし、強行でそのまま続ける事に。

まず、富士山の上にフォンダンで作っておいた鶴をのせてみる事に。
想像通り、鶴の重さでなかなか安定しないので、ずっと、どこにおこうか迷っていた、メッセージ入りのハートのクッキーを鶴が抱え込んでるように見せかけて、鶴のバランスをとる事に。
ちなみに、この鶴、うちに来るフィリピン人のヘルパーさんに、
『ワオ!これ、あなたが作ったの?すごい! 何の鳥?カラス?!』
と言われ、絶句。。。

e0309971_22191878.jpg


子供達が帰宅してからの、ケーキの仕上げは、絶対に無理なので、この時点で、子供達を迎えに行く時間が気になり始め、時計とにらめっこしながらの作業に。

SAYONARAと、アルファベットのクッキー型で作ったクッキーには、真っ青のアイシングを塗り、小花でデコ。真っ青にした理由は、サッカーの日本代表のユニフォームが青(紺?)なので、なんとなくそのザックジャパンのイメージで。
このSAYONARAクッキー、初めはケーキの上におく予定が、あとの happy 40th birthday のクッキーを置く場所とのバランスで、SAYONARAはケーキの土台におく事に。
ちなみに、この土台も、段ボールの下敷きにアルミフォイルを巻いての手作り。
こんな大きなケーキをのせる平らなお皿は持ってないので。

そして、出来上がりが、こちら。
e0309971_22274268.jpg


••••どうみても、ド素人が、頑張って作った、って感じのケーキ。
ま、所詮、ド素人なんですが。
私の母が見て、なんだか、日本昔話のイメージね、園児が喜びそうね、と。
あ〜あ、これ、大人のパーティー用なんですが。。。
母の言う通り、かなり幼稚なデザインのケーキに出来上がってしまいました。

最後の最後に、大量に作ったサクラソウや、小花のシュガーフラワーがあったので、それをケーキの上に散りばめようか迷いましたが、ちょこっと載せるだけで、やめておきました。

話はそれますが、小学生の頃、美術の時間に絵を描いていた時、先生に絵を描き終える(塗り終える)タイミングがわかりません、と質問したら、自分が納得いけば、そこで描き終えればいいんだよ、と言われました。もう少し色を足した方が良くなるんじゃないか?でも、そうしちゃうことによって、しなければ良かった、となるんじゃないか?
絵を描くって難しい、とその当時思った記憶が蘇りました。

人様から依頼されて作るケーキの難しさ、今回は特に痛感しました。
かなり反省点も多いです。
達成感はあるものの、納得のいくケーキを作れなかったことで、いまいち気分がのらないままの納品になってしまいました。

しかも、パーティー会場へ、このケーキを運ぶのが大変でした。
大きなダンボールの端をカッターで切り、ケーキの土台をスライドさせながら箱へ入れました。

パーティの翌日の今日、たまたま偶然、このケーキを依頼してくれた友人に会いました。
その時に、この上ない褒め言葉をたくさんいただき、皆さんがケーキをエンジョイし、沢山の人がケーキの写真を撮ってたわよ!私の友達が作ったのよ!と、私も誇りに語ったわ!と話してくれました。
この時、あ〜、引き受けて良かった〜。とやっと思えて、心底ほっとしました。
やはり、手作りもので、人様に喜んでいただけるのは、嬉しいです。

普段、子育ての日々の追われ、なかなか自分にチャレンジすることがない生活ですが、今回のように、自分をプッシュする機会を与えてくれる友人に心から感謝です。
[PR]
by cheetokyo | 2013-09-21 23:13 | お菓子 | Comments(2)
Commented by ゆき at 2013-09-22 00:25 x
以前からブログを拝見させていただいてます。素晴らしい作品の数々ですね。真似てみたいですが無理ですね…センスのよさにただただ驚きです♥いつかお教室を開設される際にはぜひ参加させて下さい(^-^)心待ちにしておりまし♥
Commented by cheetokyo at 2013-09-22 01:10
ゆきさん、メッセージ、とっても嬉しいです!ありがとうございます!
存知あげない方からメッセージいただくのは初めてです!
しかも、このケーキのアップでメッセージ頂けるとは、ただただビックリしておりますー。
お友達や知人の方には、気まぐれでレッスンしてますが、タイミングが合えば是非ご参加くださいね!
ブログビギナーで、まだまだわからない事ばかりですが、よろしくお願いします!
you made my day!
<< クロスステッチ アップデート フォンダンで鶴 >>