<< 今日のランチ <SAWA... 2015年8月 <モリウ... >>

2015年8月 夏の思い出 <Sweden >

昨年8月2日から、子供たち2人と母子で、スウェーデンへ10日弱遊びに行ってきました。
東京で、仲よかったご近所さんのお友達ご家族が、半年前にストックホルムへ引っ越してしまい、今回は、そのお友達のご家族にお世話になりました。

成田からオスロー経由でストックホルムへ。
5歳と7歳になった子連れ旅行も、かなり楽になりました!
乗り遅れることなく、スムーズに現地に到着しました。

2日目
翌日、時差ぼけで、4:30am起床。
朝から近くの公園に。
晴天で涼しくて気持ちがイイ!
e0309971_12173848.jpg


3日目
SKANSEN
e0309971_12173832.jpg

Sweden in miniature.
Traditional buildings and farmsteads from all over Sweden create 75 acres of living history in the heart of Stockholm!

一昔前のスウェーデンの街並みが再現されているSKANSENという所へ遊びに行ってきました。
昔のパン屋さん、工具屋さん、ガラス細工屋さん、陶器屋さん、学校、などなど。
広すぎて、半分も見れなかったので、またリベンジかな。
いやー、よく歩いた‼︎

e0309971_12173996.jpg

ストックホルム市立図書館(Stockholms Stadsbibliotek)を設計したのは、モダン建築の巨匠エリック・グンナール・アスプルンド(Erik Gunnar Asplund)
ステキでした〜。

4日目
NORDISKA MUSEET
e0309971_12173906.jpg

sweden's largest museum of cultural history.

子供のプレイエリアが充実してて、2時間は遊んでくれてたかな!
お友達と交代で館内巡りが出来たー!
スウェーデンの昔の暮らしや、ファッション、宝石、テーブルセッティング、テキスタイルなど、見応えあり!

5日目
gamla san
e0309971_12174055.jpg

ストックホルムの旧市街。
魔女の宅急便のモデルになった街。
かわいらしくて、また行きたい!
もっとじっくり歩き回りたかったけど、子連れじゃ無理。。。
それでも、子供たちもよく頑張った!

6日目
MUMIN at JUNIBACKEN
e0309971_12174065.jpg

お子ちゃま連れの方にオススメの場所。

昨日の午前中は大雨だったので、子供たちがインドアで遊べるユニバッケンへ。

長くつ下のピッピの著者、アストリッド・リンドグレーン さんの物語の世界を、乗り物に乗って巡る旅が、かわいくて、子供も大人も楽しめました。
however, ストーリーの内容は、最後に主人公の男の子が火事で、飛び降りて死んじゃうという話。
暗っ。。。

7日目
SKOGSKYRKOGARDEN
e0309971_12174016.jpg

world heritage
the woodland cemetery

美しく心落ち着く森のお墓。
ストックホルムへ行く機会があったら、是非訪れていただきたい!
まさに、モダンと自然、生と死の融合、すべてを素直にうけいれられるような、そんな気がする場所でした。
来れて本当によかった。

8日目
tekniska museet in sweden
e0309971_12174105.jpg

科学技術博物館
ストックホルム
大人も子供も楽しめる場所!

9日目
最終日は、午後からは現地のシッターさんに子供たちをお願いし、友人が、地元のアンティークマーケットや、おすすめのお店、カフェやレストランへ連れてってくれました!
e0309971_15205398.jpg

こちらは、セカンドハンドの雑貨屋さん。
日本でも北欧グッズは大人気ですが、北欧の有名ブランド食器類など、びっくりするようなカワイイお値段で手に入る宝物がたくさん!
e0309971_15205491.jpg

スウェーデンの人気家具、インテリアショップ。
e0309971_15472420.jpg

オシャレなカフェ/レストラン

そして、帰国日。
e0309971_15472495.jpg

親子共々、お友達ご家族には何から何までお世話になり、心から感謝。

年末にお友達ご家族が帰国してたので、大晦日は、うちで一緒におせち食べて年越しました。

次はいつ会えるかな!



[PR]
by cheetokyo | 2016-01-15 11:43 | 旅行 | Comments(0)
<< 今日のランチ <SAWA... 2015年8月 <モリウ... >>