<< 今日のランチ オートクチュール刺繍とお茶菓子 >>

40時間以内に死ぬぞ、と言われた話

今日、子供達のお迎えへ行く途中、マスクをした見知らぬ中年男性にすれ違いざまに、
「40時間以内に死ぬぞ‼︎」
と囁かれました。

一瞬、ギョッ!として身震いがし、振り返ってその男性を見るのも恐怖に感じたほど。

頭の中で、その男性に言われた言葉が繰り返され、おそらく、意味のない彼の言動に心臓がばくばく。

だけれど、何か意味があるとしたら、なんだろう?と思考を変えて考えてみました。

私の人生、あと40時間しかなかったら、どのように、誰と時間を過ごしたいか、と考えたら、自然と答えが見えてきました。

子供達を迎えに行った後、用事があり新宿へ向かいました。
子供達は、四六時中、マミー(私)の取り合いで、大喧嘩。
誰がマミーの隣に立つか、手を繋ぐか、一緒に歩くか、大声で叫んで喧嘩します。
いつものことです。

いつもならイライラして、
「いい加減にしなさい!マミーは1人で歩きます‼︎ 」
的なことをついつい言ってしまうのですが、今日に限っては、それすらも、自然と受け入れ、普段のようにイライラはしませんでした。

絶対的に変な人でしたが、決して無駄ではない一言だったのかも。




[PR]
by cheetokyo | 2016-01-27 20:47 | Comments(2)
Commented by Munchy at 2016-01-28 12:46 x
いや、怖い!
お子さん達の喧嘩も可愛いです。
うちもしょっちゅうバスや電車で私の隣に座ろうと喧嘩してるけど、確かにこれってもう何年かでそんなこともなくなるんだろうなぁと思うと貴重ですね。
Commented by cheetokyo at 2016-01-28 17:00
Munchyさん、
コメントありがとうございます。
いやー、今日も、1日頭から離れず過ごしてますが、今では、その方にお礼を言いたいほど、色々なことに感謝して過ごせてます 笑。
子供たちとの何気ない時間、大切にしなくちゃ、とか。
この気持ち、忘れないようにしなくては、ですね。
<< 今日のランチ オートクチュール刺繍とお茶菓子 >>