<< 魔女のちくちく、出来上がり! ピクニックスタイルのお弁当 >>

主婦のドローン挑戦記

主婦のドローン挑戦記

e0309971_19160412.jpg
約4カ月前の6月に、ドローンのフライトコースを2日間受け、実技は無事に合格した。
これで自己満足すると思っていたのに、4ヶ月間悩んだ挙句、結局ビジネスコースを受けることに。

機械系、ゲーム系は大大大の苦手。
あえて、自分がちょー苦手なことにチャレンジしてみたい、となぜ思うのか。。。
2年間のジム通いやキックボクシングもそうだったけど、冷静に、パニクったり、もがく自分の姿をみたいのか。。。(謎)
他には、9歳のプチ反抗期の息子と一緒に楽しめて共通の話題で会話できる何かがほしい、という理由も大きいけど。
実際に、おもちゃドローンを家の中で飛ばすと、かなり興味津々で、やりたがったり色々質問してくる。

で、ビジネスコース、、、
まず4カ月のブランクは大きかった。
大抵、受講される皆さんは、会社から派遣されてくる方々、または、これからご自身のドローン事業をされる方がほとんどで
フライトコース2日間で合格すると、続けてビジネスコース2日間、計4日間でコンプリートされる。
私は、取り敢えず、フライトコースを受け、ビジネスコースは更にお値段も高いし、正直あまり考えてなかったので、4ヶ月もたってから受講することに。

コントローラーの持ち方も、スタートアップさえもすっかり忘れてた😣
インストラクターからも、随分、あいだ、あいちゃいましたねー、と。

6月に買った操縦練習用のおもちゃドローンも、コントローラーのモードが2で、このスクールのモード1とは操縦作動が全く違う。こんなんで練習してたから、全く意味なし。

1日目前半は、フライト、講義&ペーパーテスト、後半はひたすらフライト。
今回の講義は主に赤外線サーモグラフィーカメラの基礎と実務への応用など。
赤外線とは、、、から始まり、ドローン3Dマッピングクラウドサービスなど。こちらはこれから、土木建築のICT化に活用される、など。
PCも持ってない私には、異次元のこと過ぎて、ただただ、すごいなぁ、とため息つくばかり。
はぁ。
でもペーパーは選択問題だったので、どうにか合格。

2日目は、朝から丸一日フライトの実技。
とにかく、フライトコースに比べると、やはりビジネスコースはかなり私には難しく、頭の中で、インストラクターに指示される操縦の方向性が定まらず、もちろん指の動きはしっちゃかめっちゃか。
インストラクターも、私への指導の仕方に悪戦苦闘。ただ、決して諦めずに、私のペースに合わせて試行錯誤しながら色々な方法で最後まで甘やかすことなく、厳しく指導してくださり感謝。
2日間、パートナーだった、ある会社から派遣されてこのコースを受けていた方も、ずっと励まし続けてくれてありがたかった(泣)。

後半、私がコントローラーを握ると、どこから現われるのか、大きなハチが私の手元に。
悲鳴と共に、ドローンもコントローラーもそっちのけで逃げまくり。
ドローン操縦はインストラクターが常にテイクオーバーできる状態なので、ドローンはセーフ。

他の人の時には来ないのに、私がコントローラーを持つと突然すごい勢いで現われるハチ。
ドローンの操縦だけでパニクってるのに、ハチの襲撃で、最後はコントローラーを放り投げて逃げてしまった。
幸いコントローラーは無事だった。ほっ。

最後の最後は、集中力もきれ、ますますヒドイありさま。

結果、もちろん私は不合格。

しかも、寒い中吹き抜け状態の中に丸一日いたためか、風邪までひいた。
(1日目は汗かく暑さ)
ホッカイロ2個では足らず、足のつま先から手の指先まで冷え切った。

早速モード1のおもちゃドローンをゲット。
練習するのみ。

自分のあまりの出来なさぶりに意気消沈。
でも、練習あるのみ。

e0309971_19162271.jpg



[PR]
by cheetokyo | 2017-10-14 19:14 | ドローン | Comments(0)
<< 魔女のちくちく、出来上がり! ピクニックスタイルのお弁当 >>