<   2014年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧

ついにクラス受講

1つ前の記事の続きです。

パリのオートクチュール刺繍学校、ルサージュの1日コースを受ける日が来ました。
9:30から12:30、14:00から17時の計6時間のクラスで、携帯ケースを作る内容です。
スパンコールとビーズを普通の針で縫っていく、という、特に難しい内容ではありません。
残念ながら、私には1日しかクラスを受ける日がなかったので no choiceです。
でも、それでもいいのです。
ルサージュの雰囲気を体験したかったし、生で本物の作品を見たかったので、作る内容はなんでもOKでした。

ステイ先は、後ほど詳しく書きますが、ルサージュから徒歩10分くらいの便利な場所に、わざわざ主人がルサージュの近くのホテルを調べ予約してくれてました(感謝!)。
グーグルマップを拡大した地図まで用意してくれていて、方向オンチの私に、至れり尽くせりの準備をしてくれてました。
が、それにもかかわらず、地図をよめない私は途中から真逆方向へ進んでしまい、まさかの10分強の遅刻‼︎
かなり焦り、途中泣きたくなりましたが、出迎えてくれた先生はとても優しく親切で、緊張感が一気に和らぎました。

前日の16時のアポ時に、受講代を支払い、写真を提出しなくてはならなくて、もちろん用意してなかったので、日本の運転免許証の写真をコピーしてもらうことでOKだったのですが、その時、運転免許証を返し損ねていたらしく、レッスンの朝に返してもらうまで気づかなかったアホな私です。

で、いよいよレッスンスタート!

お教室には、6名ほど生徒さんがいて、それぞれのレベルの作品を手がけていました。
先生は、まんべんなく皆さんのニーズに合わせ、各生徒さんの作業台へ足を運びます。
私以外に日本人の方は、午前、午後、1人ずつ違う方がいらっしゃいました。

お昼休みは、フランスらしく、1時間半も。
せっかく、主人が2人の子供達の面倒を1日みてくれてる、この貴重な自由時間をランチに当てては勿体無い‼︎ と、早速、学校近くのパッサージュにある、私の大好きなクロスステッチのお店、Le Bonheur des Damesへ!
ショーウィンドウを見つけただけで、テンションはマックス!
とにかく かわいくて かわいくて、普段、乙女なイメージからはほど遠い私でも目がハートに??

こちらでのお話は別記事にて書きます。

あっという間にランチタイムは終了!
午後のレッスンも数名生徒さんの入れ替わりがありましたが、和やかな、そして個々のペースで行われ、私も、ひたすらチクチク集中して進めました。

で、6時間で出来上がったモノはこちら。
e0309971_13115977.jpg

3分の1も出来上がってません。
でも、必要な知識は教わったので、あとは自宅で、とのことです。
やはり、想像以上に時間がかかる作業なんですね。

結局、子供がいては、なかなか出来ない作業なので、夏休みが終わるまで仕上げ作業はお預けです。

たったの1日コースでしたが、素敵な先生との出会いや、実際に美しすぎるルサージュの作品を目にでき、大満足の一日でした。

また、いつか再訪出来ることを夢みます!
[PR]
by cheetokyo | 2014-07-24 21:18 | ちくちく | Comments(0)

パリのルサージュまでの道のり

1つ前のブログの続きです。

美しいシャンボール城を、ゆっくり内覧することなく、パリで16時にアポをとっていた訪問先は、こちら!
e0309971_563398.jpg

オートクチュール刺繍の学校、ルサージュ‼︎

半年以上前に、友人の結婚式の為、この夏にフランスへ家族で行く事が決まってから、どうせ行くなら、パリにあるルサージュの授業を受けたい‼︎ と、思い立ち、プチ夢、遂に実現!

ここまでの道のりは、ここで語るには、かなりお恥ずかしい話なのですが、自分のアホさ加減をあえて記しておこうと思います。

まず、このルサージュ学校の存在は、私のオートクチュール刺繍の先生から教えていただきました。
先生もパリのルサージュに通い、技術を学ばれました。

まずは予約。
メールにてお問い合わせをしても、なかなか返信が来ない、とおっしゃってましたが、ラッキーな事に、今年の5月ごろにメールをすると、即返事が来ました。
ちなみに、やりとりは全て英語です(全くフランス語ができないので)。

当初、私の心の中で描いていたのは、主人と子供達を、次の訪問先である、主人の実家、スコットランドへ一足先に送り込み、私は1人優雅にパリステイをし、ルサージュへ数日通う、というなんとも贅沢な試みを企んでいました。

主人に話すと、maybe...との返事が。
ルサージュの授業を受けること自体は、快くOKしてくれたものの、私が1人でパリに残るアイディアには、いまいちの反応でした。

この5月の時点では、何日にパリに行くか、決まってなかったので、なかなか授業の予約ができない状態で、この旅行の出発1,2週間前まで詳細が決まらずじまいでした。

結局、パリには3泊すること、そして、家族も一緒にステイすることになり、私が受けられるのは、ビーズとスパンコールを刺繍する、携帯電話入れポーチ作成する1日コースのみの選択に。。。

当初の私の試みは崩れ去りましたが、この学校の扉をくぐり、1日でもルサージュの雰囲気を経験したい!という思いから、日本を旅立つ前日にメールをし(遅すぎ‼︎)、この日にこのコースを受けたい!と伝えました。
(心とは裏腹に、なかなか、ギリギリまで行動しないこの性格、本当にイヤになります)

羽田空港で飛行機に乗る前、メールをチェックすると、クラス当日前までにディポジットを振り込んで確認取れたら確約になります、と返事が来てました。

ま、フランスの田舎町で、レッスン当日までに送金すればいいや!なんて、安易に考えてましたが、フランスに着くと、なんと、自分のiphoneからルサージュのHPが開けず、送金先が分からない!という始末。

またまたメールにて問い合わせ、送金先をゲットしたはいいが、今度はフランス田舎の銀行から、フランス発行クレジットカード以外のカードで送金が不可能だったり、週末を挟んでしまったり、振り込んだところで、相手が振り込みの確認が取れるのに、数日かかるので 間に合わないとのことで、私の安易な考えは難航。。。

結局ダメ元で、レッスン前日の夕方にパリに到着予定なので直接クレジットカードか現金で支払う事は可能か、とメールすると、今回に限りOKと!ほっ!

なので、長くなりましたが、ルサージュ受講前日は、シャンボール城見学どころではなく、とにかく、16時にパリのルサージュへ!と、ずっとソワソワしてました。
それでも、一目見たさにシャンボール城へ向かう私たち。。。
馬のショーが意外に長く、出発が遅れる始末。

主人にかなりプレッシャーをかけ、猛スピードで運転してもらい、パリ市内が渋滞で、ハラハラドキドキしましたが、16:03に到着!
(パリまで私は心配とは裏腹に、運転の交代もオファーすることなく、車内で爆睡、主人よ、ありがとう)


3分遅刻しましたが、ルサージュの事務担当の方は、とても親切で感じの良い女性で好印象でした。

というわけで、晴れて⁈ 翌日は夢のルサージュ体験‼︎

つづく
[PR]
by cheetokyo | 2014-07-21 03:59 | ちくちく | Comments(0)

シャンボール城

ロワール地方、二つ目の古城巡りは、ロワール地方では、最大規模の城、シャンボール城。
e0309971_820874.jpg



とにかく外観に圧巻。

この日は、パリの中心部で4時に人に会う約束があり、時間がなかったため、主人以外の私と子供達は外観のみ。

私が子供達にランチを食べさせている間に、主人にサクッと内観見学してもらいました。

馬のショーがあるとのことで、こちらも見学。
e0309971_820393.jpg

e0309971_820531.jpg

e0309971_820773.jpg

フランス語だったので、ストーリーはちんぷんかんぷんでしたが、なかなか迫力があり、楽しめました。

最後に娘とのツーショット。
e0309971_820966.jpg


4時のアポに間に合うように、かなり駆け足での見学でした。
(結局、16:03に、アポ先に到着! 遅刻しましたが、無事に問題解決!)

↑詳しくは次のブログで。
[PR]
by cheetokyo | 2014-07-13 08:07 | Comments(2)

ロワールの古城巡り シュノンソー城

パリまでの道すがら、せっかくなのでフランスの美しい古城を子供達にも見せたくて、まずは、シュノンソー城へ。
e0309971_851825.jpg

e0309971_85201.jpg

晴天に恵まれ、とにかく美しいお城。
ヴェルサイユ宮殿についで、人気のあるお城だとか。
庭園も素晴らしく、納得です。

お庭に迷路があり、子供達はお城よりもこちらに大興奮。
e0309971_852191.jpg


私は城内のお台所に興味津々!
e0309971_852323.jpg

e0309971_852410.jpg

e0309971_852587.jpg

e0309971_852617.jpg

e0309971_852830.jpg

どんなお料理が作られてたんでしょうか!
[PR]
by cheetokyo | 2014-07-13 07:54 | Comments(0)

france - saint marie

パリへ向かう途中で、saint marieという村のB&Bに2泊しました。

こちらがステイしたファームハウスのコテージ。
e0309971_748158.jpg

紫陽花がとても綺麗に咲いていて、屋根の瓦の色とのコントラストが美しい!
e0309971_7481783.jpg


敷地はかなり広くて、小川が流れてました。
e0309971_7481978.jpg

e0309971_7482063.jpg


お庭のリンゴの木から落ちたリンゴを集めて、どっちがたくさんとったかで、喧嘩中の兄妹。
e0309971_7482130.jpg


朝食は、やはり、コンチネンタル。
お天気に恵まれたので、お庭でいただきました。気持ちいい!
e0309971_7482363.jpg

手作りジャムが4種類あり、パンがいくらでも食べれちゃいます。

とても素敵な田舎ステイでした。
[PR]
by cheetokyo | 2014-07-13 07:34 | Comments(0)

france - berteillac

結婚式の翌日は、パリを目指し、ゆっくりドライブ。

途中、berteillacでお祭りがあるとのことで、雨が降る中、立ち寄って見ました。

ローカルカルチャーのお祭りとの事で、昔の街の姿が再現されてました。
e0309971_732821.jpg

町の皆さんが、このような民族伝統衣装に身をまとっていて、まるで、タイムマシーンでひと昔に来たような感じです。
e0309971_732102.jpg


e0309971_7321243.jpg

e0309971_7321383.jpg

e0309971_7321541.jpg

ちょっと変わった人形が売られてました。
e0309971_7321888.jpg

e0309971_7322010.jpg


この辺は、クルミが豊富に採れるようです。
e0309971_7322363.jpg


こちら、試食してみたかったのですが、どうやら揚げて食べるようだったので、やめておきました。
e0309971_7322785.jpg


途中、雨にも降られましたが、今、思い出しても、不思議な感覚を体験した短時間でした。
[PR]
by cheetokyo | 2014-07-13 07:19 | Comments(0)

フランスでの友人の結婚式

e0309971_784651.jpg

今回のフランスの旅のメインイベントは、友人の結婚式。

息子もちょっとだけオシャレして、お気に入りのマイケルジャクソンの帽子をかぶってお出かけ。

場所は、田舎のシャトーにて。
e0309971_784810.jpg

e0309971_785049.jpg

子供達用に、遊び心たっぷりのフォトブースもお庭の一角に用意されてました。
木の枝に吊るされたフレームも、ナイスアイディア!
e0309971_785127.jpg

e0309971_785395.jpg

子供達が飽きないように、輪投げなども。
e0309971_785573.jpg

プールの周りでお兄ちゃんやお姉ちゃん達に遊んでもらい、終始ご機嫌の子供達。プールに落ちないかヒヤヒヤでしたが、相手してもらえて助かりました。
e0309971_785872.jpg


お食事はこちらで。
e0309971_79119.jpg

いかにもフランスの田舎な感じで、素敵な空間。
このリースもシンプルでさりげなく、素敵。
e0309971_79383.jpg

e0309971_79487.jpg


建物の中はあまり写真を撮りませんでしたが、それぞれのお部屋に趣きがあり、素敵でした。
e0309971_7967.jpg


お食事後、なんと息子がソファで撃沈。
e0309971_79716.jpg

パーティーは、夜中の2時ごろまでとのことだったので、お昼寝してくれてラッキー。

ファーストダンスの後は、ダンスパーティー。

子供達2人とも寝入ってしまったので、私たちは、0時ごろ退散。

花嫁&花婿もとても幸せそうで、また、ゲスト達も世界各地から集まり、皆、面白く楽しい方たちで、とーっても心温まるウェディングでした。
[PR]
by cheetokyo | 2014-07-13 06:45 | Comments(0)

france - brantome

フランスでステイ中の田舎のB&Bから車で近くの街、brantome へ。

e0309971_6424098.jpg

e0309971_6424224.jpg

e0309971_6424386.jpg

e0309971_642446.jpg


あまり時間がなかったので、サクッと散策。

パン屋さん発見!
e0309971_6424632.jpg

奥の部屋ではバゲット焼いてました。
e0309971_6424945.jpg

撮影許可を得て、ドア越しから撮ってたら、中に入って近くから撮っていい、とのこと!
オーブンの奥にまでたくさんバゲットが並べられてました。
e0309971_642479.jpg


こちらがパン屋さんの外観。
e0309971_6425276.jpg

パン屋さんのお隣のお土産屋さん。
e0309971_6425145.jpg

子供達が夢中になった街のネコちゃん。
e0309971_6425455.jpg


もっとゆっくりお散歩したかったです。
[PR]
by cheetokyo | 2014-07-13 06:33 | Comments(0)

フランスの田舎でBBQ

e0309971_1534423.jpg

友人の結婚式の前日に、花嫁&花婿主催のBBQにお呼ばれしました。
まず目に入ったのは、豚の丸焼き‼︎
と思ったら、なんと羊の丸焼きでした!
なんて豪快。ただただビックリ。

BBQの会場は、ケータリングビジネスをしている方のご自宅のお庭で。
こちらはエントランス。
e0309971_1534736.jpg

e0309971_1535119.jpg

e0309971_1535392.jpg

e0309971_1535525.jpg


子供達は、ゲームをしたり、
e0309971_1535634.jpg

プールで遊んだり。
e0309971_1535842.jpg

e0309971_1535917.jpg

エッグスプーンレースにも参加。
e0309971_154272.jpg


お待ちかねのお食事はこんな感じ。
なんと、羊のお腹の中にはクスクスが詰められてましたー!これ、本当に絶品‼︎
また食べたい‼︎
e0309971_154326.jpg

他にはサラダや副菜がたくさん。
チーズもたくさん種類がありました、が、写真はなし。
e0309971_15441.jpg

デザートはシンプルにイチゴとメレンゲとクレムフレッシュ。
おかわりしちゃいました。
e0309971_154661.jpg


子供達も大人達も、たくさん遊んで、おしゃべりして、飲んで食べて、最高に楽しくリラックスした時間を過ごしました。
[PR]
by cheetokyo | 2014-07-13 01:34 | Comments(0)

オートクチュール刺繍 コサージュ

e0309971_184745100.jpg


3つ目の作品はコサージュ。
かなり下手くそな出来上がりで、アップするのが恥ずかしいのですが、自分の備忘録に。
スパンコールわたたせる技法ですが、全然たってないし。。。
ワイヤリングが思いのほか、かなり悪戦苦闘。
まだまだ実際にやってみないと、わからないことだらけ。

バックはこんな感じ。
e0309971_18474727.jpg

ブローチにも、髪留めにもなるようにしました。

これも、また復習しないと忘れちゃうな。
[PR]
by cheetokyo | 2014-07-07 18:42 | Comments(0)